スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
蟲師
『蟲師』のアニメを見ました。
超絶深夜の放送なのでもちろん録画ですが、朝一番で見てからバイトへ行って来ました。
出来は…そこそこ?でも作品の不思議な雰囲気がすごく出てました!
すごー!!っという感じではなかったですが、絵も綺麗でしたし、蟲の動きとかも面白くて丁寧に作られてるなって感じでした。
やっぱりあの原作を映像で描くのって難しいんだろうなぁ、と思います。
特に山の緑とか光酒とか…。
私達の想像の中ですごい極彩色ですよね。
OPの効果かもしれませんが、全体的に爽やかな感じでした。
ギンコとしんらの声のあて方もさらっとした感じだったかな?
レンズばぁちゃんはすごいかわいい仕上がりになってて好みでした(笑)
私の中では『蟲師』はもっとこう、日本特有のあのじっとりと纏わりつくような不思議さとか不気味さとか曖昧さとかを感じる作品で、その色をもっと出してくれると私的には嬉しかったかなぁ、と。
いや、なんかもう、寧ろ『午後の低気圧』とかOPにする気ないですか?
あれとか蟲師のイメージには結構イイと思うんだけどなぁ。
まぁ、これは私の私見ですけど(^^)
レミオロメンの曲もロックですけどすごく日本的な空気を感じますよね。
でもやっぱり面白かったですし、自分の好きな作品の世界がああやって動いて音楽や声で表現されるのってなんともいえない嬉しさがある!
何やら映画にもなるみたいですが…そっちはオダギリジョーがギンコだそうで。
どっちも楽しみです。原作も早く新刊でないかなぁ。
今月のアフタヌーン蟲師が表紙なんですが、お客さんが買ってくのを見て思わず私も買いたくなりました。がまんがまん…

テーマ:蟲師 - ジャンル:アニメ・コミック

【2005/10/28 02:06】 | | トラックバック(0) | コメント(5)
MONSTER
近所のレンタル屋で10円レンタルと言う恐ろしいキャンペーンをやっていたのでごそっと10本ほど借りてきました。
それでも全部で100円!安っ…!

で、「MONSTER」の1・2巻を借りてきました。
これアニメで放送してるんですね!知らなかった~。
前に友達の家に泊まりに行った時ちょうどやってて、最初から見てたいと思ってたとこだったんですよ☆

やっぱりすごくおもしろかったです!
全部で1話~7話まで入ってたんですが、バイトを挟んで一気に全部観てしまいました。
いやぁ、引き込まれる引き込まれる…!
さすが浦沢直樹!!
原作で読んでるんでストーリーわかってるんですけど、それでもドキドキしちゃいました。
アニメの演出がまたニクい!
オープニングエンディングとか、効果音とか、見せ方とか…すごい良い出来だと思います、MONSTERのアニメ。
声も私は原作のイメージと違和感なかったです。
相変わらずテンマが不幸で泣きそうになりました。うわん、テンマーー!!
私物語だと主人公に感情移入したり好きになることってあんまりないんですが、これはテンマテンマですね。
あの底抜けの優しさと薄幸さに心魅かれて止まない。
思わず頑張れ負けるなと応援したくなってしまいます。
あ~、良かった。面白かった。アンナ可愛いなぁ。
早く次の巻借りてこよう。

そういえば原作ではもう終わってるって噂を聞いたんですが、本当ですか?
私12・3巻辺りから先を未だに読めてないので解らないのですが…。
いや、でも終わっててもおかしくないですよね。
うわぁ、一体どんな終り方するんだろ…!ぞくぞくします。

今日はバイトは何事もなく平和に過ぎました。
平日って平和だなぁ…。
そうそう、馬の調教師?を目指してるバイトさんが居るんですが、その人お気に入りの競争馬のレース観戦のためにバイト休んで京都まで行くらしいですよ(笑)
めっちゃ本気だ…!!
でも馬ってすごく綺麗な生き物ですよね。
特に競走馬はあの無駄のない筋肉の付き方とか、走ってるときの筋肉の動きとか、毛並みの光沢とか、思わず見入ってしまいます。
そんなこんなで今日も日付を誤魔化します。

テーマ:オススメ! - ジャンル:アニメ・コミック

【2005/10/11 23:59】 | | トラックバック(0) | コメント(0)
『理由』
宮部みゆきの『理由』を読みました。
ずっと読んでみたかったやつなのでやっと、という感じですが、読み終わってものすごい寂寥感に襲われました。
やっぱり宮部みゆきはすごい。
これだけ大勢の人の想いや生き方をこんなに明瞭に、深く、色んな角度から描くのって並大抵じゃないと思います。
それだけの力も、構想も、労力も要ると思う。
しかもそのひとつひとつが一見ばらばらなのに、中心を少しずつずらしながら、結局一つの答えに帰ってきている。
すごい。

ルポルタージュ形式で一見淡々と描かれている人々の想いや考え方は、無意識に自分も感じていたり考えていたりすることも多かったりして背筋が寒くなったりもしました。
そういう点でも読む側からすればノンフィクションみたいに感じられます。
一番印象に残ったのは康隆という男の子の『人を人として存在させているのは「過去」なのだ』という言葉。
『経歴や生活暦なんて表層的なものじゃない。「血」の流れだ。あなたはどこで生まれ誰に育てられたのか。誰と一緒に育ったのか。それが過去であり、それが人間を二次元から三次元にする』という考えにじんわりと身体に広がっていくものを感じました。
それから『帰る場所も行くところもないってことと、自由ってことは、全然別』という片倉のお母さんの言葉。
血のつながりとか、家族とか、人の繋がりとかそういうものについて考えさせられる一冊でした。
映画化されてたみたいだけど、一体これをどんな風に撮ったんだろうなぁ。
ちょっと興味が湧きました。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2005/09/13 02:15】 | | トラックバック(0) | コメント(0)
「冷たい校舎の時は止まる」
という小説を読みました。
先日の「子どもたちは夜と遊ぶ」と同じ作家の作品なんですが、あっちの感触がよかったので…。

なんていうか、せつないお話でした。
八人の高校生の男女が校舎に閉じ込められて、
謎の解決に至る過程でそれぞれの過去や想い、抱えているものが一人一人クローズアップされていくんですが、
人は皆外から見えないところにそれぞれの苦しみや、悲しみや、事情を抱えているんだなぁ、というの改めて考えさせられるお話でした。
傍からみたらどんなに羨ましいように見える人でも、実はすごく脆い部分や複雑な事情を抱えていたり…。
好きな仲間や大切な人だからこそ、そういう人たちの前では弱い部分や惨めなところは見せたくないっていう気持ちだったり。
周りから長所とされているところでも、本人自身にとっては嫌で仕方なかったり。
でも結局好きだと思う相手って、弱いところとか知っても嫌いになんてなれないし、大事なんですよね。
登場人物達の心情がすごく緻密に描かれていて、そこからじわじわと胸に伝わってくるものがあります。
読みながら高校時代の空気や出来事、当時の想いが蘇ってくるようでした。
何よりエピローグが心温まりました。

「子どもたち~」といい、きっとこの作者は「学校」にすごく思い入れがあるんだろうなぁ。
私は「子どもたち~」よりもこっちの方が好きでした。おもしろかったです。
【2005/08/03 03:08】 | | トラックバック(0) | コメント(2)
I、EYE、愛、哀、i、藍…
おはようございます☆☆たった今読んでいた小説を読み終えたばかりのまいです(笑)
タイトルがずっと気になっていた小説があって、それを昨日の夜から読み始めたんですが気がついたらこんなに日が高くなってました…!
12時間くらい読んでたよ…!(愕然)(私の読書スピードがのろいせいも多分にありますが)
辻村深月さんの「子どもたちは夜と遊ぶ」という作品なんですが、読み始めたら止まらなくなってしまい一気に上下巻読んでしまいました。
久しぶりです、こんなに夢中になって一気に読んだの。
本自体読むのが久しぶりなんですが、「ICO」以来かも。

登場人物たちの周囲で起こる連続殺人を中心に織り成されていくミステリー(サスペンス?)小説なんですが、
読んでるうちにどんどん引き込まれていくんですよ!
背筋がゾクゾクして思わず鳥肌が立ちました!
予測のつかない、そして息をつかせない展開に戦慄します。
人物の心理描写の仕方とか、人物背景とかもすごく巧みで…、だんだん誰もが犯人じゃないかと思えてきちゃうんですよね。
それがすごいゾッとします。
複線も、真相が分かると一層ゾッとさせられたり…
登場人物の過去とか、扱ってる内容が重めでスプラッタなシーンとか多いんでそういうのが駄目な方にはちょっとオススメできないんですが…私も呼んでて恐かったので;;
でもすごい!と思わされる小説でした。
登場人物たちが大学生で私自身と置かれている環境が似ているせいか、登場人物に感情移入しやすかった、というのもあるかもしれませんが…。
本当、面白かったです。


そんなわけでおざなりになっていたブログですが(毎日更新っていうのはどうした/笑)
GLAYDAYサイトも公開されましたね☆
今日早速聴いてこようと思います。

あ、Mステ&ライブトークも見ましたよ~!
Mステカッコ良かったですね!
ヴォーカル組が立ち位置変えていったりとか、色々凝ってましたよね。
でもやっぱり、ああやって演奏してるとこがみれるのはいいですね(^^)
ライブトークはHISASHI兄さんが全開で…!(笑)

ひさっさん、グッジョブ☆☆

アンタ、最高だよ!!(大笑)
パーソナリティの方…、…えーっと…、頑張ってください…!

【2005/07/31 09:15】 | | トラックバック(0) | コメント(4)
←prev next→
りんご銀河


GLAY・レミオロメン好きの まい による、好きなもの・心にピピッと来たものについて語るブログです。

プロフィール

まい

  • Author:まい
  • 岐阜在住の社会人3年目。
    もっと遠くへ。


    ≪好き≫
    【食物】りんご、オムライス 
    【場所】京都、函館 
    【音楽】GLAY、レミオロメン、MISIA、BUMP OF CHICKEN、core of soul
    【映画】「ペイフォワード」、「レオン」、「今、会いにゆきます」
    【本】ぐるぐるまわるすべり台(中村航)、淋しい狩人(宮部みゆき)、錦繍(宮本輝)、沈黙の春(カーソン)、凍りのくじら(辻村深月)
    【本②】炎のミラージュ(桑原水菜)、帝国の娘(須加しのぶ)、破妖の剣(前田珠子)、スカーレットウィザード(茅田砂胡)、戯言使いシリーズ(西尾維新)……
    【漫画】バナナフィッシュ(吉田秋生)、NARUTO(岸本斉史)、モンスター(浦沢直樹)、KEY JACK(潮見知佳)、蟲師(漆原友紀)……

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。