スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
『理由』
宮部みゆきの『理由』を読みました。
ずっと読んでみたかったやつなのでやっと、という感じですが、読み終わってものすごい寂寥感に襲われました。
やっぱり宮部みゆきはすごい。
これだけ大勢の人の想いや生き方をこんなに明瞭に、深く、色んな角度から描くのって並大抵じゃないと思います。
それだけの力も、構想も、労力も要ると思う。
しかもそのひとつひとつが一見ばらばらなのに、中心を少しずつずらしながら、結局一つの答えに帰ってきている。
すごい。

ルポルタージュ形式で一見淡々と描かれている人々の想いや考え方は、無意識に自分も感じていたり考えていたりすることも多かったりして背筋が寒くなったりもしました。
そういう点でも読む側からすればノンフィクションみたいに感じられます。
一番印象に残ったのは康隆という男の子の『人を人として存在させているのは「過去」なのだ』という言葉。
『経歴や生活暦なんて表層的なものじゃない。「血」の流れだ。あなたはどこで生まれ誰に育てられたのか。誰と一緒に育ったのか。それが過去であり、それが人間を二次元から三次元にする』という考えにじんわりと身体に広がっていくものを感じました。
それから『帰る場所も行くところもないってことと、自由ってことは、全然別』という片倉のお母さんの言葉。
血のつながりとか、家族とか、人の繋がりとかそういうものについて考えさせられる一冊でした。
映画化されてたみたいだけど、一体これをどんな風に撮ったんだろうなぁ。
ちょっと興味が湧きました。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2005/09/13 02:15】 | | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ホワイトバンド | ホーム | レミオロメン占い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ringoginga.blog3.fc2.com/tb.php/115-593fba61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
りんご銀河


GLAY・レミオロメン好きの まい による、好きなもの・心にピピッと来たものについて語るブログです。

プロフィール

まい

  • Author:まい
  • 岐阜在住の社会人3年目。
    もっと遠くへ。


    ≪好き≫
    【食物】りんご、オムライス 
    【場所】京都、函館 
    【音楽】GLAY、レミオロメン、MISIA、BUMP OF CHICKEN、core of soul
    【映画】「ペイフォワード」、「レオン」、「今、会いにゆきます」
    【本】ぐるぐるまわるすべり台(中村航)、淋しい狩人(宮部みゆき)、錦繍(宮本輝)、沈黙の春(カーソン)、凍りのくじら(辻村深月)
    【本②】炎のミラージュ(桑原水菜)、帝国の娘(須加しのぶ)、破妖の剣(前田珠子)、スカーレットウィザード(茅田砂胡)、戯言使いシリーズ(西尾維新)……
    【漫画】バナナフィッシュ(吉田秋生)、NARUTO(岸本斉史)、モンスター(浦沢直樹)、KEY JACK(潮見知佳)、蟲師(漆原友紀)……

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。