スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
うっわ、可~愛い!!
治くんブログ更新~!というわけで今日はいくつか報告があります。にTB☆
んもう、色々報告ありがとうございます♪
そんなマメなとこも大好きですよっ(^▽^)

髪切ったんですね~!やっぱりちょっと切るだけでも印象違いますよね。さっぱりさっぱり☆
もしかして色もちょっと明るくしました?気のせいかしら??
私は今伸ばしてるんですが、だいぶうっとおしくなってきたからすきにいこうかなぁ。
家の人に早く切りなさいって言われてる治くんとか可愛いですね(笑)
というか写真が可愛い!!
何ですかあの!!(笑)
皆川さんグッジョブですよっ(グッ)(>▽<)

そして自分用パソ購入おめでとうございまーす!
やりましたね治くん☆マイパソゲット♪
もう、いつでも更新しちゃってください☆☆
ライブもいよいよですね~。
名古屋は五月最終日なのでまだぎりぎり一ヶ月あるんですが…今から楽しみです(^^)
リハーサル頑張ってくださいね☆
スポンサーサイト
【2005/04/30 01:26】 | レミオロメン | トラックバック(0) | コメント(9)
バギークラッシュナイト&サイバーネットシティ
今日ネットでJIROちゃんのバギークラッシュナイトとHISASHIさんのサイバーネットシティ・フルメタルミックス(HISASHIさんぽいなぁ/笑)を聴きました。
実は二つとも初めて聴いたんですが(爆)すごい楽しかったです!
今更初めて聴くとかちょっと恥ずかしいんですが(^^;)何年ファンやってんだっていう…(笑)
友達が楽しいで聴いてみるといいよって薦めてくれたんで聴いてみる気になったんですが、いいですねこれ!
普段この二人が喋ってるのってなかなか聴けないですもんね。
今更ながらラジオって良いなぁと思いました(^^)
JIROちゃんが超絶早口なのが楽しい(笑)
バギクラはネット専用に関西意外のリスナーのハガキを読む延長戦もあるんですね~。
これってちょっと嬉しいですよね(^^)
ちゃんと私達の声も届いてるんだって感じで。
HISASHIさんのラジオは聞いてた通り一番真面目でした(笑)
でも静かながらギターとかロックにかける熱い気持ち(笑)はすごい伝わってきました。
さすがHISASHIさん☆☆

TERU MEを聴いてる時も思ってたんですが、ネットではかけた音楽までは流してくれないんですね。
5年くらい前に聴いた時は流してくれてたような気がしたんですが…
最初はトークだけさっくり聴けていいなー、と思ってたんですが、やっぱりその時一緒に聴けたらいいですよね。
せっかくオススメしてくれてる曲ですし。
でも内容を聴けるだけでもよしとしなきゃですね。
7・8年前なら考えられないくらい素敵なことですもん☆

ネットだと好きな時間に聴けるんでなんだか毎週聴けるような気がしてきました♪(本当かよ/笑)
ふふふー、楽しみが増えた~(^▽^)
【2005/04/25 00:54】 | GLAY | トラックバック(0) | コメント(13)
ドラムセットかっこいい~!!
よーし!頑張ってるぞー。2日連続更新☆にトラックバーック!

「よーし!頑張ってるぞー」って、頑張ってるぞーって治くん…!!
だ、だめだ、可愛いすぎる…!!(笑)
自分で自分の頑張りを称えちゃう、そんな可愛い治くんにです!!(>▽<)
うんうん、頑張ってる!!頑張ってるよ治くん!!
これは私達も負けずに頑張らなくては☆☆(レミ活動を/笑)

電子ドラムは中学校の音楽室にあったのをみたことあるんですが、いいですよね~!
本物とまではいかなくてもかなり近い音が出てた気が。
それに振動(音?)も少なくて静かですし(^^)
いいなぁ、私もドラムやりたいなぁ。

…って、え?ちょっと待ってください、組み立てるのが楽しかったって、もしや、もしやこれは

治くんのご自宅ですか!!?

すごーい!!(^▽^)治くんのお部屋公開ですよ!!
王子の城が…!!王子のお部屋の一角を見てしまった(笑)

そしてツアー!!
そっか、もう初日までは一ヶ月切ったんですね~!!
私は5/31のzeep nagoyaが参戦日なのでまだまだ一ヶ月以上ある…
あ~、待ち遠しい(><)
自宅用セットも買ったことですしもうどんどん頑張っちゃてください☆☆
また治くんのカッコイイドラムが聴ける&見れるのを楽しみにしてます♪
【2005/04/23 15:07】 | レミオロメン | トラックバック(0) | コメント(6)
いえいえ、十分頑張ってますよ!
治くんブログ更新~!というわけで頑張らないと!にトラックバック☆

おお、治くんビリヤードも上手いんですか!
構えも様になってますね~!カッコイイ(>▽<)
私はビリヤードはちょっと苦手です…
だって突くと自分の球(白いやつです)が台の外へ出ちゃうんだもん!!(爆)
そうとうなへっぽこさですよね、これって(沈)
ああ、でも治くんが手取り足取り指導してくれるなら上達するかも…!(笑)
って、レミオロメンチームって3人じゃなかったんですね!?
すっかり3人のうちで順位を競っているのかと…(笑)
じゃあかなり上手いんですね、治くん!流石だ☆

『好きこそ物の上手なれ』は良い言葉ですよね~。
昨日の記事ともちょっと関係してきますが、やっぱり好きで続けていることって上達していきますよね。
苦しいことがあってもその好きって気持ちで乗り切れるっていうか。
そうして続けていった先にまた楽しいことがあったりして、好きなことに打ち込むっていいなぁ、って思えたり。
好きだって思えるものはやっぱり持っていたいですよね。
【2005/04/22 18:50】 | レミオロメン | トラックバック(0) | コメント(0)
ひとつのことをやり続けていくのもひとつの人生
昨日今日とTERU ME NIGHT GLAYを二週分まとめて聴きました。
い、癒される…(笑)

そして今週はなんかいい話をしてました。
今の仕事にマンネリを感じて転職しようかと考えている(?)リスナーのハガキに対してTERUさんが語ってくれていたんですが、聴いててちょっとじーん、ときました。

簡単にまとめると
「五年後にはまた違う面白味が出ているかも」「続けてきてよかったと思うこと・続けてみなきゃわかんないこともある」「進転地でやりなおす前に今の仕事の面白味を探してみたら」「(一つのことを)やり続けるのも一つの人生」
という内容だったんですが、GLAYをずっと続けて今日まで来ているTERUさんの言葉だけに説得力がありました。
声や口調は普段の柔らかいものだったんですけどね(^^)
だからこそ余計にかも知れません。

TERUさんが語ってくれたことって、自分が葛藤の最中に居るときってなかなかわからないですよね。
見えない、というか。
私は中学・高校と6年間剣道をやってたんですが、高校の時の練習がキツすぎて3年に引退した時には燃え尽きたみたいになってしまってたんですね。
で、大学に入ったらもう剣道はやるもんか!と思って興味のあったテニスに入ったんですが、大学2年生の健康診断で偶然その話をした保健士さんに「大学でも続けとったらもっとおもしろくなったかもしれんよ?」と言われたんですよ。
その時は部活も結構楽しかったんで「そんなこともないんじゃないかなぁ」と思ったんですが、ふとした時にその言葉を思い出すことがあります。
大学でも続けてたらちょうど今年で剣道を始めて10年になるとこなんですよね。
剣道自体は嫌いじゃなかったし、10年続けてたらやっぱり見えることもあったのかな、と。
もちろん、今の部活に入ってなかったらわからなかったこと、体験できなかった楽しいことや知り合えなかった先輩や友達もいるわけなんで後悔はしてませんが。
でも時々「これで本当によかったのかなぁ?」と思うときはあります。
部活だけじゃなく、進路についても同じですが。
TERUさんも本当にこれで良かったのか考えることがあると聴いて、やっぱり皆そういう想いは持ちながら進んでいってるんだなぁ、と改めて思いました。
年齢的にも10代~20代のうちはなかなか気がつけないかも知れないですね。
やっぱり人って年を重ねるごとに見えるもの、見え方が変わるのかなって思いました。
良くも悪くも、ですが。

そしてこの語りや「仕事」の有る無しについてのTERUさんのコメントを聴いて、おちゃめでのほほんしてるイメージ(私だけですか?/笑)のTERUさんだけどやっぱり大人として社会や物事を見る視点もしっかり持ってるんだなぁ、と感じました。
いえ、もちろん当然といえば当然なんですけど!
いつも可愛いところばかり目にするので(笑)、また新たな一面が見れたというか…そんなかんじで。
ますます魅かれます。
こういう人になりたいと魅かれる度思います。
【2005/04/21 22:25】 | GLAY | トラックバック(0) | コメント(4)
エーテル【ether】
について調べてみました。

〔新〕宮澤賢治語彙辞典(第二版)によると
エーテル ether(aetherとも)
①光の波動説で光を伝播する物質として宇宙に充満していると想定された極めて小さな物質。光素。のち光の電磁波説では物質ではなく媒質と考えれた。やがてアインシュタイン(相対性学説)によって否定された。
②有機化合物の名。芳香をもち麻酔剤等に使われる。

だそうです。
すいません、私エーテルってレミのアルバムで初めて聞いたって言ったんですが、ウソでした(爆)
その前に賢治の詩で読んでました。
この辞典に引用されてる詩を読んでそのことに気が付いたんですが、ちっとも頭に残ってなかったよ(笑)
光素っていう項目にもっと詳しい説明が載ってたんですが、おおかた藤巻さんの説明と同じでした。
いいなぁ、やっぱり知れば知るほどドキドキするなぁ(´▽`)
【2005/04/20 23:40】 | 宮沢賢治 | トラックバック(4) | コメント(2)
ブログ
今月のユリイカがブログ特集だったのでちょっと読んでみました。

巻末にブログ年表(笑)みたいなのが付いてたんですが、ブログって意外と歴史が長いんですね。
普及してきたのはやっぱりここ最近なんだなって感じでしたが。
いろんな波乱?もあったりして…。

対談は専門用語みたいなのがたくさん使われててなんとなくこんな意味かなって感じで流して読んでいったんですが、ブログにもやっぱり良いところと悪いところがある、と。
ブログを書く(情報を載せる)時にも、ブログを読む時にもちょっと考えてから注意してやりなさいよ、というのが結論だったような気がします。
あと、一方通行のメディアと違って反応が返ってくる、というのが大きな特徴だな、というのはなるほど、と思いました。
良くも悪くも自分の書いたものに対する、読んだ方の反応が見えるというのは刺激になります。

ユリイカは意外と面白い素材を扱っていることが多いので図書館に行った時には時々チェックしてます。
ハウルとか西尾維新の特集もしてましたからね。
長野まゆみの連載が載っていたという群像も場所だけチェックしてきました。
楽しみはちょっとずつ消化していこうと思います(^^)
【2005/04/20 01:57】 | | トラックバック(0) | コメント(4)
治くん、久々のブログ更新~!
最近治くんブログが更新されなくて淋しいな~、とかぼやいていたら、
ちょっと風邪で寝こんでる間に更新されてました!
そんなわけで乗り遅れもいいとこですがめげずにトラックバーック☆
ちょっと久しぶりになってしまいました。

おお~、ジンギスカン!美味しそうだ☆
私ジンギスカンって食べたこと無いんですが、え、痩せるんですか!!?
お肉なのに!!?
これはもう食べねば…!!
ふらふらっとトラバチームの皆さんの記事を見てみたら「食べたことないです」って方が多かったんで、この記事をきっかけにジンギスカンデビュー(笑)する方も多いかもしれないですね♪
もちろん私もその一人になる気満々ですよ(^▽^)

DVDの制作も着々と進んでいるみたいですね。
私たちもすごい楽しみですよ♪
そしてツアーももうすぐ始まりますね☆

「ライブとかってみんなと唯一直接ふれあえる場所で音楽を一緒に楽しむ事が出来るので僕はライブとても好きです。」

治くんがこんな風に言ってくれるライブ、ますます楽しみになりますよね♪
DVDといいライブといい、本当、たのしみ沢山です。


余談ですが、大学や近所の桜がだいぶ散ってきました。
桜の花びらが風に散ってるのってすごく綺麗で好きなんですが、ちょっと淋しい感じもしますよね。
大学の校舎と校舎の間にちょっとした芝生みたいなところがあるんですが、
この間そこを教室(6階)からみたら桜が満開で、その下の芝生にはたんぽぽで黄色くきらきらしてたんですよ。
それを見た私と友人Aかちゃんの会話↓

まい「Aかちゃん見て~!たんぽぽ丘だよ!桜の木だよ!バンプだよ~!!」
Aか「おお、ほんとだ! ♪たんぽぽ丘の 桜の木のしたでぇ~(唄いだす)」

マニアックな会話だ(笑)
【2005/04/19 00:28】 | レミオロメン | トラックバック(1) | コメント(4)
14時間睡眠してしまいました…
おはようございます…、じゃなくてこんばんは。
とりあえず一時ゼミから解放されたまいです。

昨日はゼミに授業に教育ボランティアのガイダンスにとスケジュールぎっしりだったので、疲労しきって帰ってきてからさっさと寝てしまったんですが、
気がついたら今日のお昼の1時でした…!(ガン)
確か寝たのが11時頃だったと思うんでざっと考えて14時間くらい寝てますよね!?(汗)
そして更に5時頃から8時半頃まで懲りずに昼寝(?)してたという(爆)
寝すぎだ私…!!
きっと脳みそが溶けてると思います(かなり本気で)
猫とかって見るといつも寝てますけどあれって脳みそ溶けたりしないんですかね?(おい)
我が家の猫は間違いなく一日の3/4は寝てるんですが…

ゼミは今年から二週に一回になるんですが、やっぱりたくさん食べて元気もりもりで行かないとダメだと思いました(笑)
ゼミ自体は準備は苦しいんですが先生にいろいろ指摘したり指導したりして貰えるんで勉強になってありがたいんですよ。
でも本当に元気いっぱいで行かないと精神的にやられるということを改めて感じました。
うちのゼミの先生は近現代文学と同時にジェンダーやフェミニズムを専門にしている先生でもあるんですね。
なので私達が何か言動すると、その価値観や考え方がどういう文化背景から築かれているかということを指摘(というか分析)してくださるんですよ。
それを聞くと「あ~、確かに」と思うんですが、それが本当のことだなぁと思えば思うほど痛いというか凹むというか…
まぁ、痛いところ突かれるとうっとなるのと同じですね。
その先生の突っ込まれるところが私という人間を形成してる根本的な部分であることが多いので、それを言われると今までの私は全然駄目だったんじゃないの?と思うことが多々あるんですよね。
でも、先生曰く、「へこたれない強い根性をもった女の子を育てるのが(ゼミの)目的です。弱い女の子は要りません」だそうなので(卒論は!?)へこたれずに頑張りたいと思います。
文学作品を見ていくときにこの私達の持ってる価値感とその作家やこれまでのその作品の読者の持っていた価値感との相違みたいなものがすごく重要になってくるので、そのためにもこういうことをしてくれているんだろうなぁ、と思うんですが。

明日は講義がない日なので一日大学で図書館に篭りたいと思います(^^)
図書館に居るの大好きなんですよね。
こういう日が持てるっていいなぁ♪

余談ですが、治くんのブログがこのところ更新されてなくてさみしい…(;;)
忙しいのかなぁ?
【2005/04/15 00:11】 | 日常いろいろ | トラックバック(0) | コメント(12)
前期と後期を間違えた…
教養科目の授業に宮沢賢治についてのものがあって、今日やる気満々で受けに言ったら開講は後期の月曜4限でした…。
しかも今日はそれしか取る予定の授業がなかったという…せつない(;;)
まぁ、一年の時に一度取ってるやつなんでノートを見て思い出すことにします。

そんなこんなで今日は体育試験の練習をしてきました。
鉄棒の前回りなんですが、どうしても上まで戻ってこれない…(涙)
くるっと回ってそのまま足が床に落ちちゃうんですよね。
今日は元新体操部の子が練習に付き合ってくれたんですが「後は練習して自分で感覚を掴むしかないよ」と言われたのでサボらず練習に通いたいと思います…(鬱)

そして今年1回目のゼミが水曜の2限にあります。
春休みほとんど本を読めなかったのでかなり焦ってますが、とりあえず今日明日で読めるだけ読みたいと思います。はわわ…
【2005/04/11 22:46】 | 宮沢賢治 | トラックバック(0) | コメント(7)
ピアスホールを開けました
ずっと開けたいなぁと思いながら勇気と(笑)きっかけがなくて開けられずに居たんですが、今日とうとう開けました。
採用試験も近いのに何やってんだっていう感じなんですが、ちょうどこれからのことについて個人的に気持ちのけじめがついたんで、ちょっとした決意の気持ちも込めて思い切って開けました。
明日から新学期で時期的な区切りもよかったんで(^^)

前にも書いたんですが、私は大学でテニス部に所属しています。
で、毎年三月ころからリーグ戦という大学対抗の公式戦があって四年生はそれが終わったら引退、というのが通例だったんですね。
ところが今年はそのリーグ戦が六月から始まることになったんですよ。
なんか新しく入ってくる一年生も出場できるようにってことなんだそうですが。
でも教師を目指しているまいは採用試験の1次試験が7月にあるんですよ。
リーグ戦は相手との都合の兼ね合いによって軽く一~三ヶ月かかるのでそうすると私は採用試験とバッチリ被ってしまうわけです。
三月の時点で試験まで四ヶ月切ったことに唯でさえ焦っていたまいは部活を最後まで続けるかどうかずっと悩んでたんですよ。
同じ教員を目指している子が私を含めて部に四人いるんですが、一人は先月の終わりで休部して、二人は最後まで続けるって言ってたんですね。その二人は強い子で自分がリーグの選手に選ばれてるからっていうのも大きいと思うんですが…(団体戦なので、男子6人、女子4人しか出れないんです)
私もここまでやってきたから最後までやりきりたいなぁ、と思ってたんですが、部活と勉強両立できる子も居ると思うんですが私の場合一日テニスすると本当に勉強できなくて…、実際自分が本当に何も勉強できてないことにこれはダメだと思ったんですね。
もっと早く気がつけよって感じなんですが(^^;)
で、部の友達に相談してたりしたんですが、とりあえず部活は今月末で休部することにしました。
実質引退になるんですけどね。
今月末からゴールデンウィークにかけて個人戦があるんですが、それで最後にすることにしました。
なのでそれまではテニスも勉強もなんとか頑張って、その後は勉強に集中しようと。
その決意表明を兼ねて開けることにしました。

でも普通に痛かったですよ!!(泣)

いえ、もう笑い事じゃなく!!(笑)
痛いだろうなぁ、とは思ってましたが…これほどとは(涙)
ちゃんと氷で冷やしたのになぁ(´д`)
もう開けるとき怖くて手がプルプル震えちゃって…
あれ、耳たぶの肉を貫通していく音が耳元でするんですよ!!(恐)
皆こんな怖い思いして開けてたのか…
レミの歌をBGMにしてたおかげで曲に励まされてえいっ、って開けることができましたが、あれは一人では絶対無理だと思いました…(決意表明のはずじゃ…)

そ、そんなこんなで明日からまた頑張りたいと思います(^▽^)
【2005/04/11 00:38】 | 日常いろいろ | トラックバック(0) | コメント(4)
おはようございます。
と言いつつ昼過ぎもいいところの まい です。

昨夜は家族とドライブがてら花見に行って来ました。
毎年この時期に犬山の方へ夜桜を見にいくんですが、今年は初めて私が運転していきました。
もう桜満開ですね!!
目的地へ行くまでの道にも桜がずらーっと両脇に並んでるところがあるんですが、そのあたりは道が桜のトンネルみたいになってて、ライトを遠目にして走ると本当幻想的で綺麗でした(^▽^)
こういうドライブだったら長時間でも平気で運転できるのになぁ。

犬山についてから車を降りてゆっくり桜を見たんですが、本当満開ですごい綺麗でした!!
まだ全然散ってないんで花が固まってるところが鞠みたいになってるんですよね。こう真ん丸な花の束がいたるところについてるみたいな感じになってて…。
暗かったので写メ失敗して載せられないのが残念なんですが。
私と妹と父は桜を見ながら一杯飲んで、帰りは運転を母に変わってもらいました(笑)

こっちの方では今日あたり雨が降って散っちゃうらしいんで残念です。

あ、余談ですがカウンターちゃんと動きだしました。
私がうっかり設置を忘れてただけでした(^^;)とほほ~
【2005/04/10 11:58】 | 日常いろいろ | トラックバック(1) | コメント(0)
スペシャの3月9日武道館ライブドキュメンタリー
を友達が録ってくれたビデオを観ました。(我が家はスペシャ見れないので)
舞台裏での三人の様子とか、ステージに立つ直前・降りてきた直後の様子とかも映ってるんですが、三人ともすごい緊張してるしてる。(笑)
治くんとか叫んでますし!
そりゃあれだけの大舞台ですもん、緊張しますよね。
ライブ音源もいくつか収録されてて、「あ~、こんな風だったこんな風だった!」って画面の前で一人きゃっきゃしてました(笑)
特に背景の映像とかもう一度見たいなと思ってたので映ってる映像やメンバーの姿を見ながらあの日のライブを新鮮に振り返ることができました。
なんか、「永遠と一瞬」とか「深呼吸」とか「海のバラッド」とか新曲たちは全部あの日の映像とリンクしていて、CDを聴いてるとあの映像たちをすごく思い出すんですよね。
「ループ」とかも特に(笑)
最初と合間合間に藤巻さんのインタビューやメンバーのインタビューも入っていて、なかなか見ごたえのある一時間になってました(^▽^)
そしていたるところで「いよいよこの日が来ました」「楽しみ!」というようなファンのコメントのようなものが出てくるんですが、あれってもしかしてもしかしなくてもトラバチームとかのブログから取ってるんでしょうか!?
なんか見たことのあるお名前や文章があったような…
とにかく大満足の特番でした☆


余談ですが、ブログのデザインを変えてからカウンターがうんともすんとも言わなくなりました。
コメントを下さってる方が居るんで遊びに来てくださってる方がいるのは確かなんですがカウンターは0のままでこの3日ほど動いてないんですよね。
なんでだろ?
【2005/04/08 23:58】 | レミオロメン | トラックバック(0) | コメント(0)
『音楽と人』5月号
ongakutohito.jpg


というわけで4日に購入した『音楽と人』5月号を読みました。
今月はレミオロメンが表紙だって聞いてたんでわくわくしながら本屋へ行ったら雑誌コーナーにどどんと藤巻さんが!
おお、さわやかだ藤巻さん(^▽^)

中のツーパターンある写真もひっそりと趣向が凝らしてあっておもしろかったですし、
インタビューも今までのレミオロメンの歴史を振り返ってみたいなのが多かったので「ああ、そういえばそうだったな~」と記憶を辿りながら読めるという感じでした。
レミ初心者の方なら今までの彼らの経歴?がおおまかに掴めると思うのでお勧めです♪
インタビューは相変わらずおもしろいですね(笑)
紙面だけでもそのおもしろさが伝わってきます。
しかし前田さん猫の名前って(笑)治くん苦笑してるし。

藤巻さんはここでもまたエーテルに関する銀河の話をしてました。
この エーテル=見えない力 についての話は雑誌やインタビューでもう何回も読んだり聞いたりしているんですが、
何回聞いてもやっぱりすごく心魅かれます。
エーテルがあるから光が伝わる、その見えない力がレミオロメンのメンバーや私達皆を繋いでる、音楽自体がエーテルの性質をもってる、って言うのは何回聞いても胸が高鳴ります。

少し前何かの雑誌で藤巻さんがこれまでの曲について、「吐き出す」作業をしてきて生まれたもの、嘘はつきたくなかった、自分で自信を持って責任を負える曲を歌いたかった、と語っているのを読んだとき「ああ、それで私はレミオロメンの曲に魅かれたのか」とすごく納得しました。
私がレミオロメンの曲をCDでしっかりと聞いたのはちょうど「電話」がリリースされたころだと思うんですが、(「雨上がり」はラジオで聞いていただけだったので)この頃は自分の発した言葉の重さ、その一言一言への自分の責任みたいなのをすごく痛感していた時期だったんですね。
自分が発した言葉がそのまま相手や周りの人に「私」という人物を表すものとして伝わって、自分の評価になって帰ってくるというか…、そんな出来事があって、
一言一言が本当に重いな、って思うと同時に、自分の言葉にはちゃんと責任を持ちたいし、自分で責任の負えないような言葉は絶対に言いたくないなとすごく感じていた時期だったんですよ。
そんな時に出会った「電話」だったり「昭和」だったり「雨上がり」だったりというレミオロメンの曲に本当にガーンと衝撃を受けたんですよね。
身体ごと心を思いっきり揺さぶられたというか…。「昭和」とかは聴くたび泣きそうになってましたし。
その時はどうしてこんなにもレミオロメンの音楽に魅かれるのかわからなかったんですが、きっとそういう藤巻さんの想いと当時の私の気持ちが何処か共鳴する部分があったんじゃないかなぁ、とその記事をよんで思いました。
でも、責任を持てる言葉だけを発し続けることってすごく苦しいんですよね。
精神的にも葛藤が大きいというか…
例えば高校時代の仲間とか中学の同級生とかと遊んでて、その時はすごく楽しくてまた遊びたいっって思うんですけど、フッと「でも『また』って何時?本当にそんな時あるの?」とその気持ちに問い返してる自分が居て、そうすると何だか寂しくなっちゃって別れ際にも結局「また遊ぼうね」とは言えなくて「じゃあね」とかだけしか言えなかったり。
「ビールとプリン」じゃないですが、好きな人と一緒に居て「このままずっとこうしてられたらいいのになぁ」って思うのに「ずっとなんてあるわけないし」とフッと思ってしまう自分が居たり…(もちろんそんなこと思わなくても「ずっと一緒に居たいね」とか言えるわけがないんですが。恥ずかしくて死にますよ…!!/><)
「ずっと」とか「また」とか「絶対」とか、そういう言葉を口に出すことにすごく抵抗があった気がします。
そして何をしてても一々自分に問い返しちゃうので楽しいのに寂しかったり、悲しかったりして…。
それですごく苦しいのが続いてた時期があったんですが、ある日好意を持ってる知り合いの人と話していた時にふっと気がついたんですよね。
「『ずっと』も『絶対』もあるって信じてればそれはあるんじゃない?『また』会える『いつか』会えるって信じてたらその『また』や『いつか』はあるんじゃないの?」って思ったんです。
それはその相手の方が言ってくださった言葉を聞いて、なんか自分の中をガチガチに固めてたものが溶けて剥がれ落ちていくよう感じて思ったことなんですが。
その言葉はきっと一生忘れないと思います。
これは自分の中に仕舞っておきたい言葉の一つなんですが、こういうのが藤巻さんが今の曲たちについて語ってる「描く」ってことなのかなぁ、と記事を読みながら思ってました。
希望を描くってことはそれを信じてるって言い換えることもできますよね?
私はそういう風に思えたころからすごく気持ちが楽になって今に至るんですが、藤巻さんの音楽も偶然同じように変わってきてたのかなぁ、と思いました。
なんだか不思議だなぁ、と思うと同時に、そういうタイミングでレミオロメンの音楽と出会えたのもやっぱり見えない力が働いたからなのかなぁ、と思うとちょっと嬉しくて顔が緩んでしまいます。
藤巻さんの歌詞風に言うなら、私の運命線上には私にとって大事な人達や出来事との線が今までも、これからもいくつも交わっているんでしょうか。
運命線上にレミオロメンの音楽や大切な人達と出会えたことに感謝します。

またしんみりとなってしまいました(^^;)
夜中に書くとしんみりしちゃって駄目ですね。
【2005/04/08 02:21】 | レミオロメン | トラックバック(0) | コメント(4)
TERU ME 生ストリーミング!
観ましたよ!聴きましたよ!今夜のTERU ME NIGHT GLAY!!
リアルタイムで動くTERUさん~!!
素敵すぎる!!(>▽<)
最初一体どうやったら観れるのか分からなくて十分くらいわたわたしてたんですが、時間になった時にトップページにリンクが出来てたんですね。
どうりでトップページに弾かれるはずだ…。

TERU MEはあんな感じで録音してるんですね~。
曲が流れてる間に時々カメラを見て真顔で頷くTERUさんにやられました(笑)
『何?どうしたのTERUさん?』と思わず突っ込まずに居られないあの真顔の頷き!
おもしろすぎる…!(笑震)

大発表もされましたね~!!
ギネスに挑戦☆TERU ME公開録音in千葉ポート(勝手に命名)
すごいな~、行きたいな~(><)
でも7/18なんて採用試験直前じゃないですか!!(涙)
やって欲しいこと…、しりとりとか面白そうじゃないですか?
TERUさんと集まったリスナーで交互にしりとりとか。
TERU MEしりとり☆(また勝手に命名)

そうそう、机の上に置かれてたパンダとかの紙風船がすごい可愛いと思ってみてたんですが、あれは一体何だったんでしょう?
セットの一部?(笑)
あのパンダがすごく欲しい!
そして花の首飾り(?)みたいなのを差し出されて首を振ってるTERUさんの図があったんですが、あれは『首からさげて下さい』とかだったのかな?

ぜひ首飾りして欲しかった…!(笑)

でも楽しみにしてたストリーミングが観れて大満足です(´▽`)
ほくほく気分で寝れそうだぁ♪
【2005/04/06 23:53】 | GLAY | トラックバック(0) | コメント(4)
会報vol.36届きました!!
噂の会報vol.36がついに届きましたー!!

もう、すっごいですね…!!

以下どどん、とネタバレなのでまだ知りたくないよって方はご注意ください☆


DVD、DVDが…!もう本当にお腹痛いんですけど(笑)
TERUさんはらぐろって何ですか(大爆笑)
そしてヘルシアハイって…。流石TERUさんだと思った瞬間ですね。
高校時代?の思い出、そりゃ先生だってわかりますよ!
今それに気づくTERUさんが可愛い(おい)
そしてTAKUROさんの「あかんて!」が最高におもしろかったです☆
あんな感じで行われてるんですね、どっち派。
なんかいいなぁ(´▽`)
むしろまざって一緒にワイン飲みたいですよね(笑)

EXPOのオフィシャルバスで流れたbar Glayも見れてすごい嬉しかったです。
ロッティーは残念ながら見事外れてしまいましたが(しょんぼり)
あ、会報に通販で載ってたブレスレット、どっち派の時につけてましたねTERUさん!
あんなの見たら欲しくなっちゃうじゃないですか~~(><)
でも学生には高級なんだよあのブレス…、くぅ~~。

そして四月なのでブログをちょっと春仕様にしてみました。
ちょっときらきら過ぎたかなー?(^^;)
前の柄のピンクヴァージョンとかあったらベストなんですけどね。
でもこれも気に入ってます☆きらきら具合が(笑)
【2005/04/05 00:23】 | GLAY | トラックバック(0) | コメント(3)
やっぱり火が命!?(笑)
治くんブログが更新されてたのでトラックバーック!
治くん地元に帰ってたんですね~。
お花見&BBQいいな~!私もしたい(><)

というか、(火を起す)作業は誰にも譲らず最高の火を作るために頑張っていました。って…、
そんな治くんが最高だよ!(笑)
最高の火を起すことに命(?)をかける治くんに乾杯!!(^▽^)
治くんの団扇捌きはすごそうだなぁ。
BBQをする時って火を起すのにいつも苦労するんで、治くんみたいに「俺にまかせろ!」っていう人が居てくれるとすごい頼もしいですよね。
あ~、私もBBQしたくなってきた…!!

花見(?)は私もこの間京都に行ってきましたが一分どころか全く咲いていなかったという…(涙)
今年は桜遅いみたいですね。
でも友達とわいわいやるのってそれだけで楽しいんで治くんもきっとご満悦のことでしょう♪
お仕事大変だと思いますが、たまにはそうやって羽を伸ばしてまた頑張って欲しいですね☆
【2005/04/04 13:00】 | レミオロメン | トラックバック(1) | コメント(2)
成長なき時代の成長神話、GLAY
本屋に『JPOPの心象風景』というおもしろそうな新書が置いてあったので立ち読みしてきました(笑)
その中にGLAYについて考察した章があったんですが、『なるほど、こういう風に見ることもできるんだなぁ』と感心しました。
以下内容のネタバレなので知りたくない方はご注意いただきたいんですが、
簡単に言っちゃうとGLAYはなぜ売れるのか?、若者から保守派の大人まで年齢・地位を問わず支持されるのか?、ということについてその原因を当時の日本の状況(時代背景)と照らし合わせながら分析してるんですね。
それによるとGLAYが売れる原因というのは

1.『勤勉』『礼儀正しさ』『友情』『郷土愛』メンバー全員が同窓生であるという『地縁』etc…という日本人が好むたくさんのキーワードを持ったバンドである
2.1990年代というバブル崩壊後の成長が止まっってしまった日本社会の中で『成長の物語』を提供し続ける存在である

の二つがあるらしいんですね。
1の方は『うんうん、納得』と言う感じなんですが2の方がこの著者の方独自の分析法という感じでおもしろいです。
GLAYの現在までの課程を見てみるとまずは幕張メッセで動員数20万人のライブ→石狩、東京、九州でのエキスポ→中国ライブ・国家主席と対面→大阪でのエキスポという感じである。
どれも今まで行われたことのないもので、特に一番最初の幕張メッセは困難や問題が一番多く、リスクも高かった。これで死傷者が出たり何か問題が起きればGLAYは社会から受け入れられなかった。
幕張メッセでの20万人ライブはGLAYがバンドとして成人するためのイニシエーション(儀式)で、これを困難を乗り切って成功させたことによってGLAYは成人として社会に認められるようになった。それはそのライブの模様が一面記事で取り上げられ、さらに20万人ライブといえばGLAYの幕張ライブを示すようになってしまったことからわかる。
そしてその次の九州で行われたライブではアジアのアーティストを、彼らの庇護者(私はこの表現はなんか嫌だなぁ、と思うんですが、まぁ、応援する者の立場としてって意味で受け取りました)として招待する。これはGLAYが自分のことだけを考えてる子どもではなく、弱い者を守ってあげる大人として成長してきた態度である。
日本人は年を重ねるほど成長することをスタンダードとして重要視している。それは年功序列や昇給制度を見れば明らか。でも近年在り方が変わってきていたり、不況なのでマイナス成長などの言葉に見られるように成長したくても出来ない状態が続いている。そんな中で次々と困難に打ち勝ちその成長を目に見える形でしめしてくれる、自分たちの代わりの『成長の物語』の提供者として支持されているのだ。

というようなのが主な内容だったと思います。立ち読みしただけなんでうろ覚えなんですが…(^^;)
共感できないところも多々あったんですが(笑)、時代背景とリンクさせながら分析していくその過程はすごくおもしろかったですし、私自身確かにGLAYの困難に打ち勝って自分たちの想いを実現させていくそのパワーというか、そういう輝きみたいなものに魅かれてるな、って思うところがあるんで納得、というところもありました。
あの一つ目標が叶っても更に次に進んでいこうとする、成長しようとする姿勢に魅かれるところってやっぱりあるんですよね。
だからライブとか行ってもすごくパワーをわけてもらてえる気がしますし。

でもこの著者はこれだけじゃ終わってなくて、最後に、GLAYはもう十分に成長し成熟しきった。これからは加齢し老いていく。その加齢し老いていくGLAYがどのような姿を提示してくれるのか、というところで結んであるんですよね。
この辺りを読んでちょっとゾッとしました。
確かに成熟してしまえば老いがやってくるわけですよね。
でも、成熟してしまったからと言って成長しないとは限らないと思うんですよ。
教育学でやったんですが、人間生態学的な変化という面では、老いもりっぱな成長なんですよね。
私はまだまだひよっこなんでえらそうなことは言えないんですが、年を重ねてこそわかること、できることもあると思うんですよ。
自分のこれまでを振り返って「全然成長してないなぁ」、といつも思うんですが、そうは言いつつ例えば高校の頃の私と今の私ではものの見方も考え方もちょっと違ってきていて今だからわかること・できることがあるし、逆に当時のままの私に戻ろうとしても戻れない。
それはGLAYも同じで90年代のGLAYには戻れないけど、代わりに年を経るごとに加齢しながらもどんどん成長して、もっともっと輝いていってくれるんじゃないかと思うんです。
メンバーの言葉や姿を見ているとそう思えてきます。
自分もあんな風に何事にも負けないパワーを持って輝いていたいと思います。
それはやっぱり私も彼らの成長の物語に魅かれてるってことなんでしょうけどね(^^)
でも、GLAYはこれからもきっと何らかの形で成長し続けていってくれる、と期待しつつ終わりにしたいと思います。
思いがけずまたしても鬼のように長くなってしまった…(汗)
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました☆
【2005/04/01 01:30】 | | トラックバック(0) | コメント(2)
りんご銀河


GLAY・レミオロメン好きの まい による、好きなもの・心にピピッと来たものについて語るブログです。

プロフィール

まい

  • Author:まい
  • 岐阜在住の社会人3年目。
    もっと遠くへ。


    ≪好き≫
    【食物】りんご、オムライス 
    【場所】京都、函館 
    【音楽】GLAY、レミオロメン、MISIA、BUMP OF CHICKEN、core of soul
    【映画】「ペイフォワード」、「レオン」、「今、会いにゆきます」
    【本】ぐるぐるまわるすべり台(中村航)、淋しい狩人(宮部みゆき)、錦繍(宮本輝)、沈黙の春(カーソン)、凍りのくじら(辻村深月)
    【本②】炎のミラージュ(桑原水菜)、帝国の娘(須加しのぶ)、破妖の剣(前田珠子)、スカーレットウィザード(茅田砂胡)、戯言使いシリーズ(西尾維新)……
    【漫画】バナナフィッシュ(吉田秋生)、NARUTO(岸本斉史)、モンスター(浦沢直樹)、KEY JACK(潮見知佳)、蟲師(漆原友紀)……

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。