スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
双子が楽しい!
そんなわけで4日に『ハリーポッターと炎のゴブレット』を観て来ました!
前作以上に、原作を読んでないやつは置いてくぜ!、的なノリだと聞いたので映画しか見ていない私は大丈夫かしらと思っていたのですが、ちゃんと楽しめました☆
たぶん省略してあるところとかかなりあると思うんですが、それでも意味が全くわかんないってほどじゃなかったので、監督(編集?)さんあっぱれです。
時間の関係で見たのは吹き替え版だったんですが、あんまり違和感もなかったですし、字幕より台詞が丁寧な(細かい)分楽しめた感がありました。吹き替えも意外といいもんだ。
シアター内は親子連れでぎっしりでしたが(笑)

全体的にシリアスな展開だからなのか至る所に小さな笑いが組み込まれているんですが、一番可笑しかったのはフレッドとジョージのますますのお馬鹿っぷりだと思います!
相変わらずお調子者で元気な悪ガキ二人です。
外見は素敵な感じに成長してますが、やってることのお馬鹿さはパワーアップしてます。
思えば一作目からあの悪ガキ二人にノックアウトされてたなぁ。かわいいんだ、あのお調子者っぷりが。
でも今回はスネイプ先生もかなり楽しかった!最高!
ハーマイオニーちゃんも可愛いかったし、ロンも相変わらずへたれな感じで楽しかったです。
あの家の兄弟は本当楽しすぎです。でもあの子らが息子だったらお母さんは相当大変だよ。

と、そんな楽しさを満喫していましたが、この物語の全ては近くの席に座っていたちびっ子が上映中に漏らした『なんでハリーばっかりこんなひどいの(←ひどい目にあうの、の意味だと思われます)』の一言に尽きると思います。
まったくその通り。ちびっこの素直な感想は時々すごく核心を突いてると思います。変に凝った見方とかしない分、ストレートに受け取って口にしてるっていうか…。
私なんかだとそんなこと口にするのこそばゆい感じがして、おもしろかったね、とかしか言えないんですけど。
だから子どもっておもしろい。

映画自体が久しぶりっていうのもあって楽しめました。
他に気になってるのは『あらしのよるに』、『子ぎつねヘレン』、『オリバーツイスト』ですかね。『ディアウエンディ』はもう終わっちゃっただろうなぁ(涙)
そんなわけでハリポタ感想でした☆
スポンサーサイト

テーマ:ハリー・ポッターシリーズ - ジャンル:映画

【2006/01/08 01:51】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(2)
『チャーリーとチョコレート工場』
観て来ました『チャーリーとチョコレート工場』!
もう、ものすごくおもしろかったです!!
あんなに笑った映画久しぶりだ!
間違いなく今年一番笑える映画ですよ。楽しかった~♪
以下ちょこっとネタバレも含むのでご注意ください☆

映像もバートン映画っぽい感じで素敵だったし、
何よりあのナッツ室のリスが可愛い…!!(笑)
きっと私の頭も査定されたらダストシュート行きだよ!間違いない!
ウンパ・ルンパも最高です!出てくるたび大笑い。
痛烈なジョークがやパロディーがこれでもかってくらい盛り込まれてて、すごくウィットに富んだ作品だと思います。
でもパロディーでわかったのはトラボルタとKISSとビートルズとサイコくらい…
元のをもっと知ってればきっともっと面白いと思います。知らなくても十分楽しいですが。
ジョニー・デップはちょっと常人とは一線を隔した役を演じさせると天下逸品ですね。
あのちょっとこちらが引いてしまうような役づくりは流石だわ。
やっぱりティム・バートンとジョニー・デップのコンビは素敵すぎる!
バートンの新作の予告も流れたんですがこっちも今からすごい楽しみです。
ナイトメアに勝るとも劣らぬ作りになってるといいなぁ。
しかしあんなに込んでる劇場で映画観たのってどれくらいぶりだろ…
この映画の人気っぷりをうかがわせる客入りでした。
これは映画館で見る価値あり。

そうそう、今日新しいバイトの面接にも行ってきました。
近所の本屋なんですけど、どうやらオッケー出そうです。
面接からなんか色々やらかした感がありますが(いつもこんなだ…)まぁ、きっとなんとかなる…!うん!(本当かよ)
学科の子と卒業旅行くらい海外行きたいねって話がまとまりそうなんで、その資金作りのために頑張って働きます!!
函館も行きたい!そして服がほしい!!(笑)
そろそろ秋服の季節だなぁ…。

テーマ:チャーリーとチョコレート工場 - ジャンル:映画

【2005/09/14 21:38】 | 映画 | トラックバック(23) | コメント(5)
ニューシネマパラダイス
を観ました。
「コーラス」と同じ監督の作品だというので観てみたんですが、期待を裏切らない出来でした!
音楽がまた素敵!聴いただけで涙腺にきます…!うおお…!
以下サクッとネタバレなので見たくない方はご注意下さい。


全体は、大人になった主人公(トト)が母親からの電話をきっかけに故郷での映写技師アルフレードや恋人エレナとの思い出を回想する前半と、都会で大成功し故郷を訪れたトトが当時分からなかった真実を目の当たりにしていくという後半に分かれるんですが、前半は微笑ましく後半はすごく切ない…!
前半は映画が大好きなわんぱく少年トトがすごく可愛いです。しょうもない悪戯小僧だけど何処か憎めない…(笑)
少年から青年へと成長していく過程も滑稽だったり情熱的だったりと楽しいです。
映画中アルフレードの言葉がよく出てくるんですが、その言葉が物語が進むほど重くなってくる。
結局すれ違ったトトとエレナは二人は結ばれず、トトは都会に出て映画監督として大成功し、エレナもトトの幼なじみと結婚して円満で安定した家庭を作るんですが、一体何が本当の幸せなんだろうって考えさせられました。
もし二人が一緒になっていたらトトは映画監督になってなかったし、駆け落ち同然に一緒になることになるので安定した生活も望めない。
でも二人が一緒だったならやっぱりそれは幸せなのか、それともそんな不安定で貧しい生活じゃ二人で居ても幸せじゃないのか。
あの時こうしてれば良かった、って後悔したりすることとかは誰にでもあると思うんです。
じゃあその時そうしてれば本当に良くなったのか。
例え良くなったとしても、もうその瞬間へは戻れない。
じゃあどうしていくかって言うと、次にそういう場面に出会った時に、後悔しないよう、自分が納得できる判断をしていくしかないですよね。
それってすごく難しいことですけど。
でもそうしようと努力していく日々の積み重ねが結局今の自分に至るというか。
何処かで読んだ詩に「あなたの選んだ答えは、正しいか間違っているかはともかくとして、それで良かった」というのがあるんですが、そういうことなのかもしれないですよね。
後印象に残ったのはトトのお母さんの「自分の物に愛情を持ちすぎるから苦しい」という言葉と、アルフレードからトトへと最後のプレゼントでした。
あのプレゼントはヤバイです!泣ける…!!

ノスタルジックで素敵な映画でした。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2005/09/08 01:30】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)
「CHICAGO」
こんにちは、まいです。
またまた間が空いてしまいました…!はわわ…!

山梨、行って来ましたよー!
すごい涼しかったです(笑)
昼でも19度とかですごい快適だったのに、岐阜に帰ってきたら36度とかで一気に現実に引き戻された感が…
私は四年で部活自体はもう引退しているのでOB戦だけ参加してきたんですが、
ボ、ボールがラケットにあたらない……!!
ものすごい衰えを感じました…(沈)
でも久々に部活の仲間に会って話せたり飲めたりしたんで楽しかったです。
もう四年も経っちゃうんだなぁ。
一年の時に合宿に来た時には自分がOBになるなんて想像できなかったですよ。
早いもんです。

山梨から帰って来てからは今まで溜めてたDVDと人との約束を一気に消化してました(笑)
音信不通(笑)だった友達と生存確認したり、去年就職した先輩の話を聞きに行ったり…
なんかやけにバタバタしてましたけどやっぱり楽しかったです。

そうそう、一番最近「CHICAGO」のDVDを観たんですが、これ、すごい面白いですね!!
観てみたいなぁとは思ってたんですがこんなに面白いとは…!
全編ミュージカル調になってるんですが、もう、すごいセクシーでカッコ良くてキュートです!!!
女の強かさとか弱さがガツン、と伝わってきてなんか元気が出ました!(笑)
キャサリン・セタ・ジョーンズの迫力がすごい…!
私は♪セル・ブロック・タンゴが一番好きかもです。
後はラストに二人で踊ってるやつとか。
もう一回くらい観たいなぁ。

テーマ:オススメの映画 - ジャンル:映画

【2005/09/03 15:29】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)
リトルダンサー
こんにちは、まい@大学です。
今日二週間ぶりくらいに大学へ来ました(笑)
試験が終わってからは自主的に夏休みにして(おい)家でだらだらしてたので。
今日は友達と大学のプールで泳いできました(^^)
やっぱりプールって気持ち良いですね~。
特に今日はすごい良い天気だったんで日光が水面に反射して、水中に潜るときらきら光の網みたいなのが見えるんですよ。
私は泳ぐの大好きなんですが、それ以上にこれを見れるのがすごく好きなんですよね。
小学生の時とか、プールが自由時間になると体操座りでプール底に沈んでずっと水面のきらきらを眺めている子どもでした。
もちろん水中鬼ごっことか宝さがしとかも大好きでしたけど。
また入りに行こう。

そして一昨日「リトルダンサー」という映画をビデオで観ました。
これ、ずっと気になってたやつだったんですがすごくおもしろかたです!
お父さんにボクシングをやらされてた男の子がバレエに心奪われてしまい、才能を開花させてプロのバレエダンサーになるというお話なんですが、
テンポ良く、それでいて自然体で話が進んでいくのが観ててとてもおもしろかったです。
主人公の男の子や家族、親友、バレエの先生…色んな人のそれぞれの想いも描かれていたり、社会的な問題、ジェンダー、階層etc様々な要素が含まれているんですがどれもさらっと表現されていたおかげで全体として楽しく見れました。
でもそういう要素が盛り込まれていることで、ただおもしろいだけじゃなくてやりきれなさや寂しさが仄かに漂っているというか…
イギリス映画なんですが、なかなか良かったです。

昨日今日と妹が神戸に遊びに行ってます。
もうすぐ岐阜に着くそうなのでこれから迎えに行ってきます。
神戸プリンを買ってきてやると言い残して出て行ったので、今から楽しみです♪(所詮食べ物…似たもの姉妹だ)
【2005/08/05 16:49】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(2)
next→
りんご銀河


GLAY・レミオロメン好きの まい による、好きなもの・心にピピッと来たものについて語るブログです。

プロフィール

まい

  • Author:まい
  • 岐阜在住の社会人3年目。
    もっと遠くへ。


    ≪好き≫
    【食物】りんご、オムライス 
    【場所】京都、函館 
    【音楽】GLAY、レミオロメン、MISIA、BUMP OF CHICKEN、core of soul
    【映画】「ペイフォワード」、「レオン」、「今、会いにゆきます」
    【本】ぐるぐるまわるすべり台(中村航)、淋しい狩人(宮部みゆき)、錦繍(宮本輝)、沈黙の春(カーソン)、凍りのくじら(辻村深月)
    【本②】炎のミラージュ(桑原水菜)、帝国の娘(須加しのぶ)、破妖の剣(前田珠子)、スカーレットウィザード(茅田砂胡)、戯言使いシリーズ(西尾維新)……
    【漫画】バナナフィッシュ(吉田秋生)、NARUTO(岸本斉史)、モンスター(浦沢直樹)、KEY JACK(潮見知佳)、蟲師(漆原友紀)……

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。