スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
銀河鉄道の夜
今日から授業が始まりました。
久々に朝から行って一日大学に居たら帰る頃にはもうへろへろでした。
何だろうこの疲労感…。
皆に会えて話もできてすごい楽しかったはずなんですけど…、やっぱり授業って疲れるもんだと実感しました。
いや、いかんいかん、働いてる人はもっと大変だ…!

昨夜からずっと『銀河鉄道の夜』を読んでます。
今日も朝から空き時間にずっと読んでました。(途中昼寝しました/←おい)
頭の中がジョバンニとカムパネルラでいっぱいです。
これはもう何度も読んでる作品なんですが、改めて読み直すと見落としてたところとかやっぱりあって新鮮です。
ジョバンニがカムパネルラ大好きなのが見てて痛々しい…。
独りよがりな感じが一層痛々しさを引き立ててます。
このくらいの歳の時ってそういう大好きな家族や友達を独り占めしたいって気持ちってありますよね。
よく誰々ちゃんの取り合いっこみたいなことを同級生がしてた気がする…。
でも独りよがりなのは、同じ体験をしてても生ある者とそうでない者では感じ方や、感じるところが違うっていうそういうことを表現してるのかもしれないなぁと思ったり思わなかったり。
そんな風に見ていくと絶妙な表現とかがあって、やるな賢治!と思ったりしました。
こうやって読んでくだけならすごい楽しいのになぁ。
偏った見方をすればこの物語、ザネリとジョバンニのカムパネルラ争奪戦みたな見方もできないではないなとちょっと思いました。
あ、そんな穿った見方はだめですか。そうですか。名作ですもんね。
ほんとうの幸いって何だろう。

これからレジュメ制作したいと思います。
スキマスイッチに癒される…。
あのチューハイのCMで掛かってる歌、なにげに好きです。
♪飲みに来ないかって~


スポンサーサイト

テーマ:今日のできごと - ジャンル:日記

【2005/10/03 23:16】 | 宮沢賢治 | トラックバック(0) | コメント(1)
エーテル【ether】
について調べてみました。

〔新〕宮澤賢治語彙辞典(第二版)によると
エーテル ether(aetherとも)
①光の波動説で光を伝播する物質として宇宙に充満していると想定された極めて小さな物質。光素。のち光の電磁波説では物質ではなく媒質と考えれた。やがてアインシュタイン(相対性学説)によって否定された。
②有機化合物の名。芳香をもち麻酔剤等に使われる。

だそうです。
すいません、私エーテルってレミのアルバムで初めて聞いたって言ったんですが、ウソでした(爆)
その前に賢治の詩で読んでました。
この辞典に引用されてる詩を読んでそのことに気が付いたんですが、ちっとも頭に残ってなかったよ(笑)
光素っていう項目にもっと詳しい説明が載ってたんですが、おおかた藤巻さんの説明と同じでした。
いいなぁ、やっぱり知れば知るほどドキドキするなぁ(´▽`)
【2005/04/20 23:40】 | 宮沢賢治 | トラックバック(4) | コメント(2)
前期と後期を間違えた…
教養科目の授業に宮沢賢治についてのものがあって、今日やる気満々で受けに言ったら開講は後期の月曜4限でした…。
しかも今日はそれしか取る予定の授業がなかったという…せつない(;;)
まぁ、一年の時に一度取ってるやつなんでノートを見て思い出すことにします。

そんなこんなで今日は体育試験の練習をしてきました。
鉄棒の前回りなんですが、どうしても上まで戻ってこれない…(涙)
くるっと回ってそのまま足が床に落ちちゃうんですよね。
今日は元新体操部の子が練習に付き合ってくれたんですが「後は練習して自分で感覚を掴むしかないよ」と言われたのでサボらず練習に通いたいと思います…(鬱)

そして今年1回目のゼミが水曜の2限にあります。
春休みほとんど本を読めなかったのでかなり焦ってますが、とりあえず今日明日で読めるだけ読みたいと思います。はわわ…
【2005/04/11 22:46】 | 宮沢賢治 | トラックバック(0) | コメント(7)
疲れました~~
祖母や親戚とのお泊り新年会からようやく帰宅しました~~。
もうヘトヘトです(´д`)
食事の準備、洗い物、後片付け、お茶の準備・片付け、お布団の準備、祖母の着替えの手伝いetc…
母と叔母さん、従姉妹と私でこれでもかってくらいクルクル働いていました。
新年早々一年分くらい働いた気がします。(気だけね)
おお、家でもこんなに働かないよ…!
というか自宅生なので家ではほとんど働かな…、コホン。
私も従姉妹もヘトヘトでしたが、主体になっていた母や叔母はもっと疲れただろうなぁ。
叔父たちは飲んだくれてまったく働きませんでしたが…!(`´)何もしないならさっさと寝てくれよ!!(でも小心者なので言えない/笑)
でも久々に大勢の家族と新年を過ごせた祖母が嬉しそうにしていたので良しとします。本当に嬉しそうだったなぁ…。
まいは小さい頃はずっとおばあちゃんにおもりして貰っていたので今でもおばあちゃん大好きっ子です。
笑顔がね、素敵なんですよ、おばあちゃん。
和むんです、すごく。

おお、まだ新年二日だと言うのに愚痴っぽくなってるよ!いかんいかん…
気を取り直して違う話題でも

>宮沢賢治
大晦日の夜なかなか寝付けなかったので、○ヶ月前に買ったままほとんど読んでいなかった賢治の解説書を読んでいました。
見田宗介さんと言う方の『宮沢賢治―存在の祭りの中へ』(岩波現代文庫)と言う本なんですが、読んでいてハッ(゜д゜)とさせられることがたくさんありました。
まだ読みかけなんですが、こう、何となくもやもや~としていたものが急にはっきりとした形になったというか、引っ掛かっていたものがストン、と自分の中に落ちたような気がするところがたくさんありました。
賢治の『青森挽歌』という詩の中に汽車がりんごの中を走っている描写が出てくるのですが、なんでりんごなのかということについて『それ自身の最奥の内部に向かって一気に誘い込むような、本質的な孔をもつ球体である』『とじられた球体の「裏」と「表」の、つまり内部と外部との反転することの可能な四次元世界の模型のようなもの』とかかれていて、それは生物の発生の段階の陥入と同じで、賢治の考えていた宇宙感とも同じである、というようなことが書かれているんですね。
本当はもっといろいろ分かりやすく解説してあるんですが、これを読んだとき、本当にあっ、と思って頭の中でうわーっと宇宙のイメージが広がって行きました。
宇宙は『異の空間への出口をもつ空間でなければならない』ということも書かれているんですが、私の頭の中に浮かんだ宇宙は硝子の透明なりんごがあって、実はそのりんごは一回り大きな同じ形の別のりんごの中にあって、その別のりんごもさらに一回り大きい別のりんごの中にあって……という果てなく続くりんごのマトリョーシカのような感じでした。
で、そのりんごの中にはたくさんの星々を散りばめた宇宙が広がってるんです。
実はこういうのに近い表現が『月夜のでんしんばしら』という賢治の作品の中にも出てくるんですが、賢治の思ってた宇宙ってこんな感じだったのかなぁ?とか年が明けたばかりのベットの上でぼんやり思ってました。
ゼミの先生がおっしゃるにはもっと宗教観を含んだ複雑なものみたいなんですけどね(^^;)
私の感覚的にはそんな感じです。
しかし自分の考えや思い、感じたことを相手にわかりやすく論理的にちゃんと言葉にして伝えることができるって、本当にすごいなぁと改めて感じました。
それができて初めて『解った!』ってことなんだろうなぁ。
そういう力って本当に身につけたいです。

このブログのタイトル「りんご銀河」も実はこの『青森挽歌』のりんごの中を走る汽車のイメージからもらったものなんです。
賢治の詩は10個読むとだいたい6・7個は意味がわからないんですよね(^^;)
でもものすごくググッと惹き付けられたり、胸を突かれる詩もあるんです。
そのわからなかった詩たちもいずれ理解できるようになるのかなぁ。
まだまだ賢治を知る道のりは遠そうだ…

ちなみにまいのオススメ賢治作品は『セロ弾きのゴーシュ』です。(『銀河鉄道の夜』は別格です/笑)
これは他の作品に比べて読んでてすごく気持ちがスッとします。
動物もたくさん出てきてちょっとかわいい感じでおもしろいですよ(^^)

あれ、ちょっと長く書き過ぎました;;
それでは今日はこの辺りで…
【2005/01/02 23:48】 | 宮沢賢治 | トラックバック(0) | コメント(1)
りんご銀河


GLAY・レミオロメン好きの まい による、好きなもの・心にピピッと来たものについて語るブログです。

プロフィール

まい

  • Author:まい
  • 岐阜在住の社会人3年目。
    もっと遠くへ。


    ≪好き≫
    【食物】りんご、オムライス 
    【場所】京都、函館 
    【音楽】GLAY、レミオロメン、MISIA、BUMP OF CHICKEN、core of soul
    【映画】「ペイフォワード」、「レオン」、「今、会いにゆきます」
    【本】ぐるぐるまわるすべり台(中村航)、淋しい狩人(宮部みゆき)、錦繍(宮本輝)、沈黙の春(カーソン)、凍りのくじら(辻村深月)
    【本②】炎のミラージュ(桑原水菜)、帝国の娘(須加しのぶ)、破妖の剣(前田珠子)、スカーレットウィザード(茅田砂胡)、戯言使いシリーズ(西尾維新)……
    【漫画】バナナフィッシュ(吉田秋生)、NARUTO(岸本斉史)、モンスター(浦沢直樹)、KEY JACK(潮見知佳)、蟲師(漆原友紀)……

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。